大人になっても、算数のやり直しは十分可能なんです。

子供の頃に、算数が苦手だった人は多いと思います。私も算数は苦手でした。

小学生の時に、年に1回あった計算大会がほんとうに苦痛だったんです。

テストで悪い点数を取っても「算数なんて、大人になっても役に立たないさ!」と開き直ってあまり勉強しませんでした。

しかし、実際に大人になってみると、日常生活のなかで算数はよく使うんですよね。

お会計する時の消費税の計算をはじめとして、仕事などでも算数は必須だと言ってよいでしょう。

子供の頃に、計算の勉強だけでもしっかりやっておけば良かったと、後悔しているのは私だけではないはずです。

でも、よく考えてみたら、今から勉強をやり直しても遅くは無いのではないかと思います。

この機会に、もう一度、小学生の頃苦手だった算数を勉強してみようと考えたんです。

大人の算数は、意外に楽しいものです。

「数学」となると身構えてしまいますが、「算数」であれば何とかなるんじゃないかと思います。

しかも、大人になった今では「テスト」なんて無いので、気楽に勉強に取り組むことができます。

テストという「期限」がないので、焦って勉強する必要がないのは大きいです。

プレッシャーを感じないで勉強できるのは、大人の特権だと思います。

分かるまでじっくりコツコツ勉強するだけで良いのですから、気が楽ですね。

それに、基礎の基礎から勉強を再開すると、簡単な問題であっても正解した時の手ごたえが何ともいえないぐらい楽しいんです。

一番難しいことは、もう一度算数を勉強しようと実行に移すことだと思います。それさえできれば、算数の勉強が楽しくなりますよ。

算数が苦手だった原因を突き止めることが大切です。

小学生の時、算数の授業が苦手だった理由を思い出すことが、意外に大切だったりします。

私の場合は、授業を真剣に聞いても理解ができず、教科書の例題を見てもさっぱり分かりませんでした。

成績が良い友人に教えてもらいましたが、かなりの上から目線で馬鹿にされたのがトラウマで、算数が苦手になってしまったんですよね。

よく考えてみると、大人になった今では、算数が苦手になった問題点のほとんどは解決できるはずです。

子供の頃の基礎力不足に関しては、人生経験によってカバーできます。

大人になって経験する「仕事」によって、ものごとに取り組む能力が自然に身についているからです。

子供の時は分からなかったら放置していたことも、大人になった今では解決策を知っているのが大きいです。

そういう意味でも、大人になった今だからこと算数の勉強を楽しく取り組めるはずなんです。

アプリを使って楽しく算数を勉強しましょう。

子供の頃は、鉛筆を握り締めてノートにカキカキ書いていましたが、今ではその必要がありません。

「スマホ」や「タブレット」といった、私たちが子供の頃にはなかったアイテムを使うことで楽しく勉強することができます。

端末があればスキマ時間に勉強ができるのが強みです。紙と鉛筆ではスキマ時間に勉強するのは難しいですからね。

さらに、動画で分かりやすく解説してくれるので、独学するより効率よく勉強することが可能です。

端末を使うことで、ゲーム感覚で勉強できるのがうれしいです。

私たちが子供だった当時にも、端末があれば、もしかしたら算数嫌いも克服できたかもしれませんね。

思い立ったら吉日、ということで、早速算数の勉強を始めましょう!

大人の算数に関する動画 → こちら