犬および猫における軟部肉腫の管理(手続)

author
0 minutes, 34 seconds Read

軟部肉腫(STS)–血管腫、線維肉腫、神経線維肉腫、神経鞘腫、末梢神経鞘腫瘍、悪性線維性組織球腫、脂肪肉腫、粘液肉腫、粘液線維肉腫、紡錘細胞肉腫、未分化/未分化肉腫–同様の生物学的挙動を示し、したがって、同様の治療アプローチでほとんどの場合に対処することができる。 これらの腫瘍は悪性に分類されるが、転移率は一般に低い。 しかし、高度の局所浸潤のために、保存的切除後の再発が一般的である。

診断

STSを持つほとんどの動物は触知可能な塊の苦情を提示します。 時折、提示する苦情は、痛みまたは跛行であってもよく、または定期的な身体検査中に塊が検出されてもよい。 これらの塊は体のどこにでも発生する可能性があり、通常は孤立しています。 彼らはしばしばしっかりしているし、不十分な境界を設定することができます。 大規模な場合、それらは深い構造に付着し、したがって自由に移動できない可能性があります。 ほとんどは正常な現われる毛の皮によって覆われますが、いくつかは潰瘍化するか、または壊死のより柔らかい中央領域があるかもしれません。

STSは、細針吸引細胞診の結果に基づいて暫定的に診断されることがあります。 STSからの細胞が不完全に剥離するかもしれないことを与えられて他の技術が十分なサンプルをもたらさなければより大きいゲージの針(例えば18-20g)を使用するか、または5か10ccスポイトからの吸引を用いることは有用かもしれません。 大量の血液の非診断性サンプルまたは存在は、さらなる評価のための指標でなければならない。 肉腫の細胞診は、個々に剥離するか、またはしばしば様々な量の末梢血と混合された混乱した塊で剥離する細胞の集団を明らかにするであろう。 細胞は紡錘形に見え、後続の細胞質拡張を有する可能性がある。 核:細胞質比はしばしば高く、核は複数の可変サイズの核小体を含むことができる。

針吸引細胞診でSTSを示唆するには不十分な場合、腫瘤が小さく外科的にアクセス可能な領域にある場合に切除生検を行うことがあります。 あるいは、切開(例えば、 くさび、穿孔器、または針中心/Truカット)バイオプシーがそれ以上の処置の計画の組織診断そして援助を達成するのに使用されるかもしれません。 多くの場合、Truカットまたはパンチ生検は、局所麻酔薬または軽度の化学的拘束を使用して得ることができる。

ステージング

STSの転移率は低い(一般に10%未満-下記の例外を参照)が、ゼロではありません。 転移率は、低分化STS(未分化または未分化)、および潜在的に脂肪肉腫、および若い犬の肉腫でやや高い(25-45%)可能性があります。 組織学的に、顕微鏡的な外観に基づいて「高悪性度」または「グレードIII」と考えられる腫瘍も、同様に、より高い転移率を有し得る。 同様に、ネコワクチン関連肉腫は5〜25%の転移率を有する可能性があり、再発性腫瘍はおそらく転移する可能性が高い。 イヌの組織球性肉腫の大部分は転移が可能である。 胸部x線写真は、特に積極的または高価な手順を実施する前に、任意のSTSの場合に提供されるべきである。 これらのタイプの腫瘍は、リンパ系を介してまれに転移する。 しかし,リンパ節の拡大は疑いなく転移の証拠のために細胞学的に調査されるべきである。 肝臓および脾臓の関与が一般的であるため、既知の組織球性肉腫に対しては腹部超音波を提供すべきである。 標準的なpreanestheticテストは他のどの外科的処置に関しても行われるべきです。

治療

手術

犬や猫のSTSに対する治療の主力は、広いマージンを持つ積極的な手術のままです。 多くの場合、STSはカプセル化され、手術時に”殻から出る”ように見えることがありますが、これはしばしば圧縮された腫瘍細胞からなる偽カプセルです。 したがって、触知可能な腫瘍塊の周りに少なくとも3cmの縁360度、および腫瘍床の下に少なくとも一つの正常に現れる筋膜面を含む深い縁を達成す 外科的に困難な領域では、可能な限り広いマージンを達成する必要があります。 切除された組織は組織学的分析のためにtotoに提出されるべきであり、腫瘍細胞の存在について外科的縁を評価するために必要であれば特別な要求

保存的手術で腫瘍全体を除去する可能性が低い特定の領域(顔面、遠位四肢)があります。 これらの場合、または外科的縁が組織学的に残存腫瘍細胞を含まない場合、再発までの時間は可変であり得るが、追加の介入なしに再発が非常に可能性が高いことを所有者に助言すべきである。 再発が指摘されているように、複数の辺縁切除は、典型的には、各不完全な切除の後に再発までの間隔が短くなるので、助言されない。 再発性腫瘍は、より積極的な生物学的行動をとり、それに伴って長期予後が悪化する可能性があるため、治癒の最良の機会は腫瘍の最初の発生時であ

適切に大規模な手術が行われ、外科的縁部に病気がない場合、再発は起こりにくく、通常は他のタイプの治療は必要ありません。 しかし、再発のための定期的な再チェック(胸部x線写真による転移チェック)を考慮する必要があります。 私達の標準的な再確認のスケジュールは1.5年間3か月毎に再確認します、そして年に二度その後成っています。 胸部x線写真は、すべての訪問で得られます。

外科的縁部に腫瘍がない場合は、直ちに追加治療が適応されます。 可能であれば、最良の治療は、すべての側面に全体の前の外科的瘢痕と追加の3センチメートルを包含する、追加の手術です。 根治的処置(下顎切除術/上顎切除術、胸壁切除術、背側肩甲骨および/または棘突起のブロック切除術、または切断術など)を考慮するのが合理的である。 これらのタイプか外科が実行可能ではないか、または化粧品/他の理由のための所有者によって断られれば、放射線療法のような別の積極的なローカル

放射線療法

放射線療法(RT)は、不完全切除後のSTSの局所疾患再発の制御に非常に有用であり得る。 RTの開始のタイミングは重要です。 残存腫瘍がまだ微視的である間、すなわち総再発が注目される前に、RTが使用される場合、永続的な腫瘍制御の可能性はより大きい。 しかし,外科的切除が十分に治癒するまで,RTを開始すべきではない。 最適には、手術後約2-3週間後にRTを開始します。 RTはまた、腫瘍の大きさを減少させ、腫瘍縁を滅菌する試みにおいて、術前(neoadjuvant)設定においても使用することができる。

現在のほとんどの”治癒的意図”RTプロトコル(15-19回の治療を3-4週間にわたって行い、総放射線量は50グレー、または5700ラッド)は、不完全に切除された犬STSを治療するために使用された場合、約85%の3年間の局所制御率を与える。 永続的な局所制御は、複数の以前の手術が行われている場合、または総疾患が照射されている場合は、可能性が低くなります。 VAS(ドキソルビシン化学療法の有無にかかわらず)を有する猫で利用される同様のRTプロトコルは、600日の範囲で無病期間の中央値を与え、これは手術 切除不能なイヌSTSに対する粗分画または「緩和的」放射線療法(週に1回の治療)を評価する最近の研究では、患者の50%および5ヶ月の無増悪期間の中央値での腫瘍縮小が報告されている。

動物のRTは複数の麻酔処置を必要としますが、各治療期間は非常に短く、ほとんどの動物はこれを非常によく許容します。 急性の副作用は、照射される領域に限定され、主に様々な程度の皮膚紅斑、脱毛症、および掻痒からなり、時には漿液性滲出液(湿った落屑)を伴う。 これは、典型的には、治療の第三または第四週を開始し、RTの完了後3-4週間を解決します。 後期の副作用は、主にある程度の永久的な脱毛症、皮膚の色素沈着過多、または髪の色の変化からなる。 あまり一般的ではないのは、皮膚または筋肉の線維症、骨壊死、および隔離または瘻孔の形成である。 放射線フィールド内の場合、眼に特異的な効果には、時間とともに解決する可能性のある急性眼瞼炎/結膜炎および角結膜炎sicca、および網膜、白内障、または数ヶ月

化学療法

STSが転移の”ハイリスク”群(組織学的に高悪性度または未分化腫瘍、好ましくない組織型)に該当する場合、または切除不能または転移性疾患の緩和が試みられた場合、外科的アジュバント設定で化学療法を提供することができる。 化学療法はまた治療効果がある療法(積極的な外科かRT)が拒否されたそれらの患者のために提供することができます。 単独で化学療法はほとんどのSTSに治療を提供してまずないが顕微鏡の病気の設定の再発か転移の手始めを遅らせるか、または既存の総体の病気の進行を停止するか、または遅らせることを意図して普通用いられる。 客観的な応答率は50%の範囲にあると報告されていますが、応答期間はしばしば短いです。

単一薬剤としてのドキソルビシンまたはドキソルビシン含有プロトコルは、イヌおよびネコSTSの治療において最大の有効性を有するようである。 Carboplatinはまたネコ科VASの管理のための活動的な薬剤のようです。 アジュバントの設定では、合計4-5の処置は普通与えられます。 総体疾患を治療する場合、通常、最低2つの治療が投与され、さらなる治療は治療に対する応答によって決定される。 Doxorubicinはextravasated極度なvesicantであり、従業者はdoxorubicinの管理と関連付けられる独特な累積毒性に気づいていなければなりません。 具体的には、ドキソルビシンは犬で心毒性を引き起こし、猫では腎毒性を引き起こす可能性があります。 読者はdoxorubicinの管理と関連付けられる毒物の管理のそれ以上の議論のためのより一般的なテキストに指示されます。

最近、術後ドキソルビシン化学療法は、VASを有する猫において、単独で手術を受けている猫と比較して、無病期間を有意に延長することが示されている(無病期間の中央値はそれぞれ415日対90日)。 ドキソルビシン化学療法とRTの両方がネコのVASのための効果的な補助治療であり得るが、これらは適切に積極的な外科的処置の代替と見なすべきではないことが示されている。

別の最近の研究では、不完全に切除されたSTSを有する犬における低用量の連続(メトロノーム)シクロホスファミドおよびピロキシカムによる術後療法の有効性を評価した。 十分に許容されるプロトコルは、追加の治療を受けていない犬と比較して再発を遅らせるように見え、追加の積極的な局所療法(例えば、ワイドマージン手術、RT)が拒否されているか、実行可能ではないSTSを持つ犬では合理的な考慮事項である可能性がある。

結論として、持ち帰りのメッセージは、大多数のSTSが早期かつ適切に積極的な手術で効果的に対処できるということです。 手術が不十分であるか、または拒否された場合、必要に応じて他の治療法を適用することができる。 決定的な治療は、最初の腫瘍発生時に最もよく用いられる。

選択された参考文献

Couto CG,Macy DW. ワクチン関連ネコ肉腫の治療選択肢のレビュー。 JAVMA213(10):1426-7,1998.

Dernell WS,et al. 軟部肉腫の治療の原則。 クリンテックスモールアニムプラクト。 13 (1): 59-64, 1998.

軟部肉腫 獣医師クリンノースアム小さなアニムプラクト。 27 (1): 139-48, 1997.

切除不能なネコ線維肉腫に対するドキソルビシンとシクロホスファミドの併用化学療法。 JAAHA36(5):416-21,2000.

ワクチン関連肉腫を有する猫のためのドキソルビシン、手術、および放射線対手術および放射線単独の組み合わせによる治療:25例(1995-2000)。 JAVMA218(4):547-50,2001.

Forrest LJ,et al. イヌ軟部肉腫に対する術後放射線療法。 JVIM… 14 (6): 578-82, 2000.

Cronin KL,et al. 33匹の猫の線維肉腫のための放射線療法そして外科。 獣医ラド超音波39(1):51-56、1998。

McKnight JA,et al. 犬の不完全に切除された軟部組織肉腫のための放射線治療。 JAVMA217(2):205-10,2000.

Poirier VJ,et al. リポソームは、猫のワクチン関連肉腫の治療にドキソルビシン(Doxil)とドキソルビシンをカプセル化した。 JVIM16:726-731,2002.

Lawrence J,et al. 16匹の犬の巨視的な軟部組織肉腫のための四画分放射線療法。 ヤハハ44:100-108,2008.

Elmslie RE,et al. シクロホスファミドとピロキシカムによるメトロノーム療法は、不完全に切除された軟部肉腫を有するイヌにおける腫瘍再発を効果的に遅延させる。 JVIM22:1373-1379,2008.

アジュバントドキソルビシン化学療法の有無にかかわらず治療された高悪性度軟部肉腫を有する犬の結果:39例。 JAVMA227(9):1442-1448,2005.

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。