症候性感染症に関連するC diff NAP1株

author
0 minutes, 13 seconds Read

November2,2011—症候性ヘルスケア関連のクロストリジウム-ディフィシル感染症の患者は、北米のパルスフィールドゲル電気泳動タイプ1(NAP1)株に感染する可能性が高く、細菌のみに植民地化されている無症候性患者よりも高齢である可能性が高い新しい研究によると、。

ヴィヴィアンG. カナダのケベック州モントリオールのMcGill University Health CentreのLOO、MD、および同僚は、New England Journal of Medicineの11月3日号にその調査結果を報告しました。

研究者によると、「C.difficileに曝露した後、無症候性のままである患者もいれば、軽度の下痢から劇症性大腸炎までの病気がある患者もいます。”彼らは、”宿主因子のariabilityは、症状と経過の広い範囲を説明することができる”と付け加えている。”

この研究では、医療に関連するC difficile感染と無症候性コロニー形成における宿主危険因子、細菌病原性、および宿主免疫間の関係を調べることを試みた。

Loo博士らは、カナダのケベック州とオンタリオ州の6病院の4143人の患者から、人口統計学的およびその他の情報と毎週の便サンプルまたは直腸スワブを収集した。

Cディフィシル分離株の遺伝子型をパルスフィールドゲル電気泳動で決定し,Cディフィシル毒素AおよびBに対する血清抗体のレベルを評価した。

患者のうち、2.8%がC difficile感染しており、3.0%が細菌のみで植民地化されていた。 研究者らは、高齢で抗生物質またはプロトンポンプ阻害剤を使用した患者は、感染のリスクが有意に増加していることを発見した。

多変量解析において、研究者は、年齢、性別、シャルソン併存疾患指数、以前の入院、血清学的データ、および入院、感染、または植民地化の8週間前の薬物使用に

18歳以降の年齢のすべての追加の年のために、医療関連Cディフィシル感染のための調整されたリスクは約2%増加します。 抗生物質を投与された患者は感染対植民地化のリスクが約5倍増加し、プロトンポンプ阻害剤を投与された患者は2倍増加した。プロトンポンプ阻害剤を使用していないものと比較して、感染の64倍のリスク対植民地化される1.71倍のリスク。

さらに、患者が過去2ヶ月に入院した場合、化学療法、プロトンポンプ阻害剤、またはH2遮断薬を使用し、毒素Bに対する抗体を持っていた場合、植民地化の可能性が高かった。

NAP1株はC difficile感染症の患者で優勢であったが、無症状の患者は他の株と植民地化される可能性が高かった。 “ヘルスケア関連のC.difficile感染症および植民地化を有する患者の間で、62。それぞれ7%と36.1%が株を持っていた”と著者らは指摘している。

“ur研究は、ヘルスケア関連のC.difficile感染およびヘルスケア関連のC.difficile植民地化に対する年齢、薬物使用、および宿主免疫および病原体変数の差動効果を示している”と著者らは結論づけている。 「この調査結果は、C.difficile感染と植民地化の理解に加わり、予防と治療に影響を与えます」と彼らは示唆しています。

この研究は商業的には支持されなかった。 ドクター-ルーはメルクからコンサルティング料を受け取ったと報告している。

N Engl J Med. 2011;365:1693-1703. アブストラクト

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。