Mrigashīrsha

author
0 minutes, 8 seconds Read

彼らの優勢/ラグナnakshatraに応じて個人を命名する伝統的なヒンドゥー教の原則の下で、次のサンスクリット語の音節は、このnakīatraに対応し、最初の名前の:

  • Ve(デーヴァナーガリー:वे)
  • VO(デーヴァナーガリー:वो)
  • KA(デーヴァナーガリー:क)
  • KI(デーヴァナーガリー:कि))

Mīgaşira nakīatraはVīabha Rāīiの23°20の後からmithunaの6°40まで伸びています。 星は火星によって支配され、主宰神または神は相馬神です。 ソマはチャンドラまたは月の神を意味します。 彼はアムリタ(蜜または永遠の毒)を保持しています。 シンボルはカモシカや鹿です。 顔、顎、頬、喉頭、口蓋、喉、声帯、腕、肩、胸腺、上の肋骨:身体の次の部分を支配します。

mīgaという言葉は、森林、庭園、探索、発見を求めること、森の中を歩き回ること、狩人、道を炎にしようとすること、ガイドと戒律者を表しています。 Mīgaşirīaは部分的にVīabhaにあり、部分的にmithunaにあります。 それは、美しい顔を探したり、結婚している女の子を訪問したり、要求したりするアイデアを伝えます。 このナカトラで生まれた人は、強い体と適度な顔色を持っています。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。